保証人不在の時の賃貸入居|デザイナーズマンションは個性を求める人におすすめ
ウーマン

デザイナーズマンションは個性を求める人におすすめ

保証人不在の時の賃貸入居

アパート

保証会社物件を探してみる

賃貸住宅に住むには、家賃が払えなくなった時に、代わりに払ってくれる保証人が必要であることはご存知でしょう。しかしもう親が年金生活をしているなどで、身内に誰も頼む人がいない、しかし上司などには頼みにくいということもあります。そのような時に便利なのが、保証人がいらない保証会社つき物件です。審査が行われ、家賃を支払えるだけの経済力と、信用保証にブラック情報がなければ通る確率は高いです。しかし過去に金融事故があったとか、クレジットカードの支払いが遅れた、あるいは家賃を支払うだけの安定した経済力がないという場合は、審査に落ちてしまうこともあります。審査に落ちて、しかも保証人のなり手がいない、しかし賃貸住宅に住みたい場合は、どのようにすればいいのでしょうか。

もし審査に落ちた時には

そのような時は、まず自分が住もうとしている土地で、昔から賃貸住宅を扱っている会社で物件を探すようにしましょう。こういう会社はその地域に根差しているため、賃貸住宅の大家さんとの付き合いも古く、場合によっては口を利いてくれて、保証人なしでも入居ができることもあるからです。もちろんその場合は、大家さんの信頼を得るように、きちんとした身なりで行きましょう。もし可能であれば、家賃を何か月分かまとめて払っておくと、信頼を得やすくなります。また当然のことではありますが、その賃貸住宅に入居したら、決して家賃の滞納はしない、大家さんが同じ敷地内に住んでいる場合は、きちんと挨拶をするというのは忘れないようにしましょう。またその物件を退去する場合にも、一声かけるようにしてください。