短期間の利用に便利|デザイナーズマンションは個性を求める人におすすめ
ウーマン

デザイナーズマンションは個性を求める人におすすめ

短期間の利用に便利

模型

1ヶ月や1週間単位で利用

一般的に賃貸マンションは、契約期間が1年または2年となっています。そして1年の場合は家賃1ヶ月分の、2年の場合は家賃2ヶ月分の礼金の支払いが必要となることがほとんどです。支払った礼金は、たとえ契約期間の満了前に退去したとしても返されません。そのため単身赴任などで、住まう予定が1年未満となっている人の多くが、短期賃貸マンションを利用しています。短期賃貸マンションとは、1ヶ月単位あるいは1週間単位で利用することのできる賃貸マンションです。礼金の支払いは基本的に必要ないので、契約期間の途中でも、礼金について気にせずに退去できます。また、単身赴任の期間が延長になった場合などには、次の入居希望者があらわれる前なら、契約期間を延長することが可能となっています。

費用負担が少なめ

短期賃貸マンションでは、礼金だけでなく更新料の支払いも必要ありません。ただしその分、家賃を日割り計算した場合の金額が、一般的な賃貸マンションと比較すると高めとなっています。また、敷金の支払いも原則として必要ありませんが、その代わりに退去時には清掃費の支払いが別途必要となります。さらに、鍵の交換手数料が請求されることもあります。しかし短期賃貸マンションでは、多くの場合は、生活に必要となる最低限の家具や家電が備え付けられています。短期間のみ利用する人が多いわけですから、その短期間の生活のためにわざわざ新しいものを購入せずに済むようにと、あらかじめ用意されているわけです。家賃が高めでも、清掃費などの支払いが必要となっても、トータルでの費用負担は少ないということで、短期賃貸マンションには高い需要があります。